外来受診のご案内

外来受診のご案内  ・特殊外来 ・外来診療担当表 ・セカンドオピニオン外来 ・病診連携システム

精神科の外来診療につきましては、諸般の事情により新規患者の受け入れを平成26年1月から当面の間中止しております。ご迷惑をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いします。

診療受付時間

午前8時45分から午前11時30分
(診療科によりスケジュールが異なりますので、あらかじめご確認ください。)

休診日

土曜日、日曜日、祝日、年末年始

診療科

内科、呼吸器内科、消化器内科、循環器内科、腎臓内科、神経内科、血液内科、内分泌内科、外科、呼吸器外科、消化器外科、心臓血管外科、脳神経外科、乳腺・内分泌外科、整形外科、精神科、小児科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻いんこう科、リハビリテーション科、放射線科、病理診断科、救急科、麻酔科、疼痛緩和支持治療科、歯科、感染症科、リウマチ膠原病科

受診にあたって

➢ 医院・クリニックの先生に“かかりつけ医”になってもらいましょう

  当院では、市民の皆さまが、お近くの医院・クリニックを
「かかりつけ医」としてお持ちになることをお勧めしています。

 「かかりつけ医」は、日頃の健康維持にとても大切です。もし、詳しい検査や入院が必要になった場合には、当院での専門的検査や診察の予約をとり、「紹介状」を書いてくれます。この「紹介状」をお持ちいただくと、これまでの病状や経過が詳しく分かり、当病院での検査や診察が、さらに安全・確実そしてスムーズに進みます。
 また、「かかりつけ医」から地域医療連携室を通じて、検査・診療のご予約をいただければ、待ち時間も短く診察・検査を受けることができます。さらに、紹介状を持たずに当院を初診した場合に加算される、初診料加算額が不要になるといったメリットもあります。

当院で治療が終了した場合は地域医療機関に紹介いたします
 当院では、急性期疾患(症状が安定する前)の患者さんや入院治療が必要な患者さんを重点的に治療しています。このため、病状が回復し、安定した患者さんは、ご相談のうえで、“かかりつけ医などの地域医療機関”にご紹介しています。
 また、ご紹介した後も、急な病状の変化をきたした場合や専門的な検査が必要になった場合は、いつでも当院に受診していただける体制をとっています。
 当院は、今後とも地域の医療機関との連携を深めてまいります。みなさんのご理解とご協力をお願い申し上げます。

受診の手続き

初診(当院に初めて受診される方)
・紹介状をお持ちの方
  救急・外来棟1階地域医療連携センターに紹介状をお持ちください。
・紹介状をお持ちでない方
  「診療申込書」をご記入のうえ、救急・外来棟1階の1番新患受付へ保険証等とともにご提示ください。

再診(2回目以降の方)
・予約のある方
  救急・外来棟2階及び中央検査科前に設置されております「再来受付機」に診察券を通して「診療予定票」をお受け取りください。
・予約の無い方
  救急・外来棟2階外来受付で受付を行い「診療予定票」をお受け取りください。
・検査のみの方
  救急・外来棟2階及び中央検査科前に設置されております「再来受付機」に診察券を通して「診療予定票」をお受け取りください。

会計の手順

 診療終了後、「診療予定票」を救急・外来棟1階の2番会計受付に提出し、「自動支払機」にてお支払いください。
 クレジットカードでのお支払いにも対応しております。

保険証のお取扱いについて

 最後に保険証を確認された日から30日以上経っている方、保険証・住所等の変更がある方は、受診前に外来受付にて「診療予定票」と保険証等をご提示ください。なお、保険証等の提示が無い場合、自費扱いとなることがありますのでご注意ください。

医療・福祉相談窓口

・当院のケースワーカーや看護師が、診療・看護・療養・医療安全に関すること、生活上及び入院上の不安に関すること、退院後の療養に関すること、医療費の支払い、福祉制度に関すること等の相談をお受けしています。
・入院中の方、外来の方を問いません。
・詳しくは【医療・福祉相談のご案内】 パンフレット(pdf 253kb)をご覧ください。

[このページの先頭へ]

アクロバットリーダーダウンロードサイトへ
PDFをご覧になるには、ADOBE READERが必要になります。お持ちでない方は、左のアイコンをクリックしてダウンロード(無償)してください。(外部リンク)